永久脱毛が体に悪い!?副作用やトラブルまとめ

永久脱毛は基本的に体に悪い作用はない!

永久脱毛の安全性にこだわりのある現代女性は少なくありませんが、皮膚ガンをはじめとする病気や肌トラブルの悩みを解消するにあたり、レーザー治療の利点を理解することがおすすめです。
特に、レーザー脱毛の副作用の危険性に関しては、医師の腕前や患者の健康状態などによって、大きな違いが出ることが分かっており、事前にカウンセリングを受けることが大事です。
その他、施術に関する心配事を解決するために、赤外線を用いた施術の利点を理解することはもちろん、日本医学脱毛協会の取り組みを調べることが良いでしょう。

永久脱毛による副作用

永久脱毛の施術を受けると、副作用として皮膚ガンや多汗になるのではないかという声をよく聞きますが、実際にはそういった影響は一切ありません。内蔵や血管に悪影響を及ぼすものではありませんが、肌の弱い方の場合、施術後に肌が熱を帯び赤みが見られたり、火傷やニキビ、毛膿炎などの一時的な肌トラブルが起こることが考えられます。ただし近年では施術技術も上がり脱毛専門のクリニックも増えたことから、肌の弱い人でもきちんとカウンセリングを受けることで炎症や痛みを抑えられるようになってきました。肌に異常がないかを確認することはもちろん、施術の際に伴う痛みに耐えられるかどうかも、テスト照射により試せるクリニックが数多くあります。

永久脱毛で汗が増える?

永久脱毛を考えるときに心配する点は、色々ありますが、副作用として、口コミでよく見るワキ汗やワキガに関しては、勘違いなので心配しなくてもいいです。実際には汗が増えているのではなく、毛がなくなってダイレクトに服に付着してしまうので、たくさんの汗が流れたように感じるのです。その汗を放置する、においが発生し、それをワキガであると錯覚する人も多いので、清潔に保てるように、脱毛のあとは汗を拭く習慣を身につけるといいです。

永久脱毛で起こる肌トラブルとは?

永久脱毛では毛を生やすための細胞を破壊するほどのレーザー脱毛を行うため、人によっては施術の熱で肌に赤みが出たり火傷の様な症状が出る可能性があります。またムダ毛を無くすということは紫外線などの刺激を直接浴びやすいので、特に敏感肌やアトピー肌の人は肌トラブルを防ぐためにどの様なことに注意をしなければならないのかをカウンセリング時に質問すると良いでしょう。また自身の肌は健康なので永久脱毛に関して問題ない、と思っている人でも施術後にぬるめのシャワーにしたり肌のクールダウンをしなければ施術した部分に赤みを感じる可能性や、刺激の弱い化粧水などで肌ケアをしないと肌がより乾燥してしまい乾燥肌になる可能性もあります。思わぬ肌トラブルを防ぐためにも自宅でも肌ケアを怠らないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です